知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

年賀状

年賀状

今年は年賀状を止めようと思っていたが思い直して投函した。
元旦に賀状がくれば後悔すると思ったから、

DS_3587

朝鮮からの年賀状

私はアジアが好きである。
小学生の頃からインドシナの文化などを紹介した月刊誌を買ってもらって読んでいた。

大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華民国、フィリピン、インドネシアに行ったことがある。
中国では南京の南京大屠殺記念館の館長から年賀状を貰ったことがある。
フィリピンの友人からも長年にわたって年賀状や手紙が来ていたが近年は便りがない。
インドネシアの教育里子からの手紙が一番多かった。

朝鮮の友人からは毎年送られてくる。中国の年賀状と似ていて日本のハガキとは随分と違う。

高山植物




 〈白頭山で見た高山植物〉








3通の年賀状が来たが1通には「今年はぜひ平壌でお会いできる日を楽しみにしております」と書いてある。

昨年9月に訪朝する予定であったが事情があって行くことができなかった。
今年はぜひとも行ってみたいと思っている。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ