勅使門(重要文化財)
銅板葺切妻造の四脚門で鎌倉時代後期の遺構を今に伝え、柱や扉に戦乱の矢の痕があることから「矢の根門」または「矢立門」と呼ばれ、元来、平重盛の六波羅邸の門、あるいは平教盛の館門を移建したものと伝えられている。

-

三門(望闕楼)
大正十二年、静岡県浜名郡雄踏町山崎の安寧寺から移建したもの、空門・無相門・無作門の三解脱門、「御所を望む楼閣という意味で望闕楼と名付けられた。

-

浴室
禅堂・食堂とともに三黙堂の一つとして定められ重要な修行の場でもあった。

-