法住寺殿は、保元3年(1158)8月、その皇子・二条天皇に譲位して上皇となった後白河院が約30年にわたり院政(上皇が天皇に代わって政権運営をする特異な政治形態)を行った政庁です。
上皇になると天皇の住まう御所とは別の所に専用の「院御所」を造営するのが通例で、先例の白河・鳥羽の両帝に続き、その度に大規模な土木工事が行われました。後白河院は上位直後に御所の造営に着手、東山の麓から西は鴨川河岸まで、南北は八条坊門小路から六条大路に及ぶ広大な地域で、その名を取り「法住寺殿」と名付けたのでした。

-

構内は政治的な施設の「北殿」と常の御所と呼ぶ住居に三十三間堂をはじめとする宗教的堂塔が集中した「南殿」に別れ、東山を背にする丘陵の地中から湧き出たような大建築が甍を並べたといいます。
永暦2年(1161)4月、月明かりの夜に上皇はここに移り以後20年住まいとします。しかし、賑わいをみせた院の御所も、寿永2年(1183)11月、対立するようになった木曽義仲の夜襲にあい焼失しました。