知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

念仏寺

念仏寺

天文七年(1539)の創建で、太閤の正室、ねねの別邸跡と伝えられています。苔の庭が美しく樹齢270年の沙羅の大木(ナツツバキ)があります。

-

「拝む手が尖る世間の角をとる」」

-

化野 念仏寺

何十年ぶりだろうか、
渡月橋を渡って「あだし野 念仏寺」まで歩いた。

記憶が間違っていた。
西院の河原はもっと広く石仏も4段5段とピラミッドのように高くあったように記憶していた。

当時は西院の河原で自由に撮影できたが、内部からの撮影は禁止となっていた。

あだし野 念仏寺















あだし野 念仏寺
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ