1977年9月27日、横浜市緑区荏田町(現青葉区荏田北)に米軍機が墜落し母と幼い子二人が犠牲となり亡くなった。
生前に海を見たいと願っていたことから「愛の母子像」が造られた。

OK_150


米軍機による事故は後を絶たない。

OK_160


来日中の米国防長官は、首相、外相、防衛相と会談し、沖縄の普天間飛行場の移設問題で、首相は辺野古への移設に向けた環境アセスメントの評価書を年内に沖縄県に提出することを伝え、国防長官は日本の努力を評価する考えを示したという。
防衛相は、武器輸出三原則の緩和を検討していることを示したという。

沖縄の人々の政府に対する不信は根強く残っている。