みなとや(日本一歴史のある飴屋)

-

〈由来〉
慶長4年、京の江村氏 妻を葬りし後 数日を経て土中に幼時の泣き声あり、掘り返し見れば亡くなりし妻の産みたる児にてあり、当時夜な夜な飴を買う婦人ありて、子掘り出されたる後は来らざるなり、此の児八歳にて僧となり高名な僧になる。寛門六年三月十五日六十八歳にて遷化し給う。
されば此の家の飴を誰いうとなく幽霊子育ての飴と唱え盛んに売り、果ては薬飴とまでいわるるに至る。洵に教育の上に、衛生の上に此の家の飴ほど良き料は外になしと今に及んで京の名物の名高き品とひろめられたるなり。