大正六年、岡崎銀行本店として建てられた赤レンガと花崗岩の組み合わせによるルネッサンス風の建物です。
戦後、商工会議所として使われていましたが、現在は岡崎信用金庫資料館として一般に開放されています。

-

郷土館とともに、市内に残る大正時代の貴重な建築物です。

-