年改まり、宇治の山荘にも春が来た。今年も山の阿闍梨から、蕨や土筆などが贈られてきた。

中君は亡き父君や姉君を偲びつつ、
     この春はたれかに見せむ亡き人の
               かたみにつめる峰の早蕨
と返歌なさった。
                             
-

二月の上旬、中君は匂宮の二条院へ迎えられ、行先の不安を感じつつも、幸福な日々が続く。夕霧左大臣は、娘の六君を匂宮にと思っていたので失望し、薫君にと、内意を伝えたが、大君の面影を追う薫君は、穏やかに辞退した。
花の頃、宇治を思いやる薫君は二条院に中君を訪ねては懇ろに語るが匂宮は二人の仲を疑い始める。

-