東京へ初めて行ったのは卒業旅行であった。東京の記憶は薄いが二重橋で記念写真を撮ったことぐらいか。
鎌倉や東京で担任の先生に沢山の写真を撮って貰ったが当時はフイルムのカメラで何を失敗したのかわからないがあまり残っていない。
東京駅は東京の表玄関とも言うべきターミナル駅で、特に東海道新幹線と東北新幹線の起点となっており、東海道本線や東北本線など主要幹線の起点駅でもある。

-

-

-

東京駅の歴史
1889年(明治22)に神戸まで全通した官設鉄道の新橋駅と、私鉄・日本鉄道の上野駅を結ぶ高架鉄道の建設が東京市区改正計画によって立案され、1896年(明治29)の第9回帝国議会でこの新線の途中に中央停車場を建設することが可決された。
日清戦争とその後の日露戦争が終わった1908年(明治41)から建設工事が本格化し、1914年(大正3)12月20日に開業した。中央停車場は皇居(宮城)の正面の原野に設定され、「東京駅」と名付けられた。
1919年(大正8)3月1日に中央本線が、1925年(大正14年)11月1日に東北本線が乗り入れ、1929年(昭和4)12月16日には東側の八重洲口が開設するなど、徐々に発展していった。
1964年10月1日に東海道新幹線が開業し、1972年7月15日には総武地下ホーム、1990年3月10日には京葉地下ホームがそれぞれ営業を開始、1991年6月20日には東北新幹線が当駅に乗り入れるなど、東京駅は順次拡大してきた。

長らく先延ばしされてきた建て替え計画は、1999年から2000年にかけて、創建当初の形態に復原する方針がまとめられ、500億円とされた復原工事の費用を丸の内地区の高層ビルへの容積率の移転という形で捻出することで、丸の内地区の高層ビル建て替え事業と並行して、東京駅の復原工事が行われることとなった。
復原工事自体は、2007年5月30日に起工され、2012年10月1日に完成した。