東附属邸は明治36年に皇孫殿下(昭和天皇)の御学問所として、赤坂離宮の東宮大夫官舎を移築して造られました。夏期には隣地の学習院遊泳場とともに、ご利用の機会も多かったようです。

-

-

-

-

-

-

新たに設けられた茶室、
『駿河待庵』

-

-

-

-