知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

松前

松前藩沖の口奉行所


-

松前藩の蝦夷地へ出入りする船改め、積荷、出入りを改め、税役の徴収、役所には奉行、吟味役、吟味下役、小使、足軽、手代等の役人が配置されていた。

-

この白洲では、入国者を裸にして調べ刀傷のある者、入れ墨のある者と身元引受人のない者の入国を許さず本州へ出港する船に乗せて帰した。

-


積荷改めと税役の徴収は問屋、小宿に遭難船の救助は附船宿に任せ、奉行所はこれを監視するだけであったが商人達からは役人に多くの太義料、袂銭の献金があったといわれている。

松前

松前城跡に着いたときはドシャブリ、暫く車中にて待機する。
北陸地方旅行中はよく松前という地名を目にした。

-

松前温泉で入湯、

-
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ