-

巽櫓

-

横山蜃楼句碑
   「鵙(もず)の声屈するところなかりけり」

横山蜃楼は明石の人で、松瀬青々の弟子となり、30歳で倦鳥派の大家となり大正14年月刊俳句誌「漁火」を創刊、門下誌友は全国に及ぶ盛大さという。

-

坤櫓(ひつじさるやぐら)

-

本丸跡
明石城は、初めから天守閣がなく本丸四隅に三層の隅櫓で固めていた。東北の艮櫓(うしとらやぐら)は本丸の鬼門にあたる櫓として重要であった。

-

艮櫓跡
本丸の北東隅に三重の櫓が建っていた。この櫓は五間(9.1メートル)四方の広さで高さは六間一尺九寸(11.4メートル)であったという。

-

松平直明公遺愛「お茶の水」
八代城主直明公在城中(1682〜1701)日常この水を使ってお茶を点てられた。明石城内で良い水の出る井戸として親しまれれてきたという。

-

-