知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

松本城

松本城

人は誰しも人生の旅を終える時は必ず来る。避けて通ることは出来ないのである。「知音の旅人」最後の旅は長野県松本城の城下町と考えている。
昭和40年頃、友と2人で学割を利用して松本城へ行った。松本城は雨だった。学割と雨だけが記憶に残っている。たぶん、大阪駅(当時は梅田駅)から名古屋経由で松本駅だと思うが記憶はまったくない。。間違いなく各駅停車、随分時間がかかったのだろう。
写真の在庫がなくなってきたが新型コロナウイルスが気になって駅や電車に乗るのも考えてしまう。

写真は2009年7月

s-DSC_3064

s-DSC_3070

松本城で!

信州松本城で見たもの、
望遠で撮りたかったが失礼かも、

松本城で

松本城

学生時代に友人と学割を使って信州に来たことがある。
松本城の輪郭の記憶はあったがその他は随分と変わっていた。

松本城
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ