知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

梼原

維新の門

坂本龍馬、沢村惣之蒸と梼原にゆかりのある六志士の銅像、1862年春、坂本龍馬は、勤王郷梼原から那須俊平・信吾父子の案内で盟友澤村惣之丞とともに、回天の偉業を夢見て脱藩した。

-

梼原からも吉村虎太郎、前田繁馬、中平龍之助が国境を越え維新の動乱の渦中に身を投じた。

右から那須俊平(57歳)、坂本龍馬(32歳)、沢村惣之蒸(25歳)、掛橋和泉(中央)、中平龍之介(22歳)、吉村虎太郎(26歳)、那須信吾(34歳)、前田繁馬(28歳)

道の駅 ゆすはら


 四万十川源流域にある「道の駅 梼原」かなり冷えるのか水車の水が跳ねて凍っていた。

-


坂本龍馬は、同士澤村惣之丞とともに、1862年3月25日に梼原に到着したとある。

龍馬脱藩の道

-
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ