横井小楠は熊本藩士であったが、優れた政治思想家として松平春獄公の政治顧問となり、招かれて四度来福した。文久三年(1863)にはこの地に寄留し藩政を指導した。

-