明石城跡

-

-

明石城主小笠原家に伝わる「清流話」の中に、初代城主小笠原忠政の命を受けた宮本武蔵が明石城内(現陸上競技場付近)に「樹木屋敷」(御茶屋、鞠のかかり、月山、泉水、滝などを設けた城主の遊興所)を造ったという記録があります。又、宮本武蔵は明石城下の町割りを行ったとも伝えられています。

-

御茶屋 (木造入母屋造、一部寄棟造)
樹木屋敷にあった御茶屋は藩主が客を接待する場所と考えられています。

-

-

大滝(雄滝)
宮本武蔵が作庭したとの言い伝えがある寺院の庭に共通して見られるのが大小ふたつの滝です。
大滝は阿波の青石が多く使われています。

-

-