知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

水辺の文学碑

水辺の文学碑(六)

-

穂積忠(歌集「叢」)

     町中に富士の地下水湧きわきて 冬あたたかにこむる水靄

-

井上靖(少年)
三島町へ行くと道の両側に店舗が立ちならび、町の中央に映画の常設館があって、その前には幡旗が何本かはためいていた。私たち山村の少年たちは、ひとかたまりになり、身を擦り合わせるようにくっつき合って、賑やかな通りを歩いた。

-

水辺の文学碑(五)

小出正吾(ジンタの音)

-

楽隊の音がきこえてきた。ジンタッ ジンタッ ジンタッタッ ・・・・・・ジンタの楽隊がやってきたのだ!子どもたちは、子鹿のようにかけだした。ジンタの行進は、となりの町の沼津から三島の町へのりこんできた。
はなばなしい旗やのぼりを先頭に、クラリネットに、コルネット、、大太鼓、小太鼓という一隊で、そろって、白い羽根がざりのついた赤いぼうしをかぶっている。それが、町じゅうをゆすぶるような大きな音で、あのなつかしの曲「美しき天然」を演奏しながらくりこんできたのである。

-

水辺の文学碑(四)

太宰治(老ハイデルベルヒ)

-

町中を水量たっぷりの澄んだ小川が それこそ蜘蛛の巣のやうに 縦横無尽に残る隅なく駆けめぐり、清冽の流れの底には 水藻が青々と生えて居て、家々の庭先を流れ、縁の下をくぐり、台所の岸をちゃぶちゃぶ洗ひ流れて、三島の人は 台所に座ったままで清潔なお洗濯が出来るのでした。

-

水辺の文学碑(三)

-

司馬遼太郎(裾野の水、三島一泊二日の記)

-

この湧水というのが、なんともいえずおかしみがある。むかし富士が噴火してせりあがってゆくとき、溶岩流が奔って、いまの三島の市域にまできて止まり、冷えて岩盤になった。
その後、岩盤が、ちょうど人体の血管のように そのすきまに多くの水脈をつくった。融けた雪は山体に滲み入り、水脈に入り、はるかに地下をながれて、溶岩台地の最後の緑辺である三島にきて、その砂地に入ったときに顔を出して湧くのである。

水辺の文学碑(二)

お知らせ
     昨日午後 突然「おきてがみ」に不具合が生じて開かなくなりました:。ブログパーツ内にはあ
     るのですがなぜかブログには表示されません。訪問することもできなくなりました。申し訳あり
     ません。


松尾芭蕉(野ざらし紀行)
       霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き

-

-

若山牧水(箱根と富士)

-

宿はづれを清らかな川が流れ、其処の橋から富士がよく見えた。沼津の自分の家からだと その前山の愛鷹山が富士の半ばを隠してゐるが、三島に来ると愛鷹はずっと左に寄って、富士のみがおほらかに仰がるるのであった。克明に晴れた朝空に、まったく眩しいほどに その山の雪が輝いてゐた。

水辺の文学碑(一)

桜川(三島)沿いにある「水辺の文学碑」

-

十返舎一九(東海道中膝栗毛)

日も暮れに近づき、入り相の鐘かすかに響き、鳥もねぐらに帰りがけの駄賃馬追ったて、とまりを急ぐ馬子唄のなまけたるは、布袋腹の淋しくなりたる故にやあらん。
このとき、ようやく三島の宿へつくと、両側よりよびたつる女の声々・・・・・・ 女「お泊まりなさいませ、お泊まりなさいませ」 弥次「エエ、ひっぱるな、ここを放したら 泊まるべい」 女「すんなら、サア、お泊まり」 弥次「あかんべい」 ・・・・・・喜多「いい加減に、此処へ泊まるか」 女「サア、お入りなさいませ、お湯をお召しなさいませ」 弥次「ドレ、お先に参ろう」・・・・・・と、はだかになりてかけ出す。 女「モシ、そこは雪隠(せっちん)でござります。こっちへ・・・・・・・」 弥次「ホイ、それは」と湯殿へゆく。

-

正岡子規(旅の旅の旅)
       面白や どの橋からも 秋の不二

-
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ