知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

河口湖

富士五湖

山中湖は富士五湖の中で最大の面積を持つ、また、湖面の標高は富士五湖の中では最も高い位置にあり周囲13.5舛婆明傳供ィ苅曲進繊∈蚤膺綽治隠記辰埜侈棉弦發高く水深が浅いことから厳寒期には結氷することもある。

FL_7200


河口湖は富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にある。面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖と並び3番目の深さ、湖の中央に鵜の島と呼ばれる小さな島がある。周囲19.08繊¬明傳供ィ隠格進繊∈蚤膺綽治隠機ィ沖叩

FL_7206


西湖の面積は富士五湖では4番目の大きさで、最大水深は2番目の深さ。山梨県指定天然記念物フジマリモの群落地である。周囲9.85繊¬明傳押ィ隠科進繊∈蚤膺綽治沓魁ィ沖叩

FL_7233


精進湖は五湖中でもっとも湖水面積が狭い。最大水深は河口湖と並び3番目の深さ。本栖湖・西湖と同じ水位であり、かつては単一の大きな湖(剗の海;せのうみ、「背の海」の意か)であったと考えられているが、富士山の溶岩流でまず南西の本栖湖と分断され、『日本三代実録』に拠る貞観6年(864年)の貞観大噴火の溶岩流によって西湖と分断されたとある。周囲6.8繊¬明傳亜ィ喫進繊∈蚤膺綽治隠機ィ沖叩

FL_7238


本栖湖は西湖、精進湖と同一の水脈を有しているためか、湖水の水位が連動する傾向がありこれら三湖の湖面標高は、ほぼ同じ約900メートルである。周囲13繊¬明傳粥ィ沓以進繊∈蚤膺綽治隠械賢叩
千円紙幣E号券、五千円紙幣D号券の裏面に描かれる逆さ富士のモデルとして知られている。

FL_7241

FL_7240

天上山(カチカチ山)


天上山(カチカチ山)は、太宰治の名作「かちかち山」の舞台だ。

標高1,075メートルの展望台からは富士山、河口湖全景を望むことができ、 天候の良い日は南アルプス(赤石岳、荒川岳)までも遠望できるとある。


天上山(カチカチ山)から富士山を望む

TU_204


河口湖を望む

TU_206


麓から歩いて登ることも出来るが(約40分)ロープウェイで3分、央平(まなかだいら)に太宰治の文学碑がある。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ