沼津垣は昔から沼津周辺で浜の潮風を防ぐために用いられてきた垣根で、景観的にも実用的にも優れたものです。
旧沼津御用邸でも多く用いられたことから一般的に知られるようになりました。

-

沼津垣

-

材料は箱根竹と呼ばれる細い篠竹を十数本ずつ束ねて網代編みにしています。この束を「手」といい、どの束にも別の二つの束を超えて編んでいるため、この編み方を「二手越し」と呼ばれています。