津城は、織田信長の弟信包によって築城された。信包は信長が伊勢へ勢力を伸ばしてきた時、長野氏の養子に入った。天正八年(1580)には五層の天守閣が完成し、当時柳山付近が中心であった津の町から町屋や寺院が移され城下町が作られた。その後、富田氏が城主となり、慶長五年(1600)関ヶ原の戦いのとき西軍の攻撃を受け、城・城下町とも戦火を受けた。

-

慶長十三年(1608)、藤堂高虎が伊予今治から移ってくると、城に大改修加え城下町を整備した。本丸を広げ、石垣を高くして北側の石垣に角櫓を築き、堀も整備したが、天守閣は再建されなかった。津城は典型的な平城で堀が「回」の字形に二重に巡っている輪郭式または井郭式といわれる形の城である。

-

-

城下町は、城を中心に北・西・南側に武家屋敷、東側に町屋が置かれた。町はずれを通っていた伊勢街道を城下に引き入れ、町の発展を図った。また、堀川を堀り、東側の守りとしたが、物資の運搬にも利用され商業の発展に役立てられた。さらに堀川の外側には寺院を配置し万一の場合に備えた。