慶長五年(1600)、関ヶ原の戦いの後、紀伊国には浅野幸長が入国し、田辺には浅野左衛門佐氏重が入った。浅野氏は慶長11年、会津川左岸河口に築城し移るとともに新たに城下の町割りを行った。田辺城はこの時に形づくられ、その城下町は今日の田辺市街地のもととなった。

浅野左衛門佐氏重によって会津川左岸河口に築城された水門

-

-

-

-

元和五年(1619)、徳川頼宣が紀州藩主となるとともに頼宣の付家老であった安藤帯刀は、3万8000余石を与えられ田辺領主となり、以後幕末までこの城は安藤氏の居城であった。
徳川幕府の一国一城制により、公的には館と称したが、幕末には錦水城とも呼ばれた。安藤家は紀州藩の筆頭家老として、和歌山に常駐し、田辺には親類の安藤小兵衛家が留守居役として、代々城代家老を勤めた。
城の河口近くには、埋門型の水門が設けられ、この水門を利用した記録も多く残っている。
明治3年、田辺城は廃城となり、現在は僅かに水門が当時の面影を残している。