知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

社会

増える高齢者ストーカー


-
ストーカー犯罪への関心が高まる中、増加傾向にあるストーカー被害の中でも60歳以上の加害者が急増したいるという。

加害者の大半は男性で、10〜50歳代の各増加率は昨年迄の10年間で1.5〜2倍だが、60歳以上は3.8倍に増えており、専門家は「背景に高齢者の社会での孤立化があり、対策が急務だ」と指摘する。




-
全体のストーカー被害は昨年、過去最悪の19920件で、2003年の1.6倍に増え、加害者の年代別にみると20〜40歳代で毎年、全体のほぼ6割を占める。

03年に60歳代が383人、70歳以上が90人だったのが、12年は1329人(3.4倍)と505人(5.6倍)にそれぞれ増えている。


兵庫県警は、加西市で11年10月、かつて交際していた70歳代の女性宅に押しかけたとして住居侵入容疑で逮捕した。
その後、ストーカー規制法違反容疑で追送検された80歳代の無職男は調べに対し「妻に先立たれ、さみしかった」と供述した。
男は妻の死亡後、以前、不倫関係にあった女性に何度も復縁を求め、「一緒に死んでくれ」と迫っていたという。


同県警は今年、飲食店の30歳代の女性店員に交際を拒否され、2日間に62回も電話をかけた男(76歳)ら37人逮捕するなどした。
このうち4人が60歳以上で、捜査幹部によると、死別や離婚で独り身になった男性が、年下の女性に執拗に交際を迫るケースが目立つという。

-
なぜ高齢男性がストーカー行為に走るのか。
被害者支援をするNPO法人は、
競争社会を生き抜いてきた団塊の世代を中心とする男性には、今なお「男性優位」の考え方が残っていることを要因の一つに挙げる。



また、「老い先短いから」と自暴自棄になったり、「青春を取り戻したい」と思ったりした時に、独善的な考えに陥り、そのはけ口を女性に求めてストーカー行為に及ぶ人が多いようだと分析する。

善意の人

世の中には社会の役にたちたいとボランティアで頑張る人々が年々増えている。
反面、人を騙したり傷つける人も増えている。

善意でお金を貸しても「1円ずつ返してやるから毎月取りに来い」と言った人も知っている。

偽りの交通事故で保険金を騙し取って逮捕された人もいる。
保険金殺人もあった。

子供への虐待のなんと多いことか。

善意の人と悪事をはたらいた人、
人間としての差は大きい。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ