伊勢平氏の子孫関氏の一族神戸氏は南北朝時代飯野寺家町の地に沢城を築いたが1550年にこの地に神戸城を築いて移った。
神戸氏七代友盛は信長軍の侵攻により1568年三男信孝を養子に迎え和睦し、信孝は1580年金箔の瓦も用いた五重の天守閣を築いた。

神戸城跡

本能寺の変後、岐阜城に移り翌年秀吉と対立して知多半島自刀し1595年には天守閣も岐阜城に移され江戸時代を通して天守閣は造られず石垣だけが残された。

神戸城跡

江戸時代の城主は、一柳直盛、石川氏三代を経て1732年本多忠統が入国する。
本多氏の治世は140年七代忠貫まで続き1875年に神戸城は解体されるとある。

大手門は顕正寺の山門として移築されていた。

顕正寺山門


顕正寺山門



神戸城跡所在地  三重県鈴鹿市神戸5丁目10 
顕正寺所在地    三重県四日市市西日野町2970