知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

竜佐山古墳

竜佐山古墳

竜佐山古墳は前方部が短い帆立貝のような形をした前方後円墳で、東の孫太夫古墳や西の狐山古墳とともに仁徳天皇陵古墳の陪冢の一つです。
調査の結果、前方部北西隅には濠を渡る土手があったと考えられます。埋葬施設や副葬品などは明らかになっていませんが、墳丘から転落した葺石や埴輪が濠から見つかりました。埴輪の特長から仁徳天皇陵古墳よりも新しく、陪冢の中では最も新しい時期に築かれたと考えられます。

-

-

竜佐山古墳(堺市)

この古墳は前方後円墳で前方部を西に向けています。大きさは長さが約66メートル、後円部の直径約48メートル、後円部の高さ約7メートル、前方部の幅が約32メートルです。

-

堺市の調査では古墳の表面に並べている石(葺石)や古墳に立てられていた埴輪の大きなかけらなどがみつかっています。
古墳を取り囲むように堀がありましたが前方部の北隅では古墳と外とがつながっていたようです。この古墳は東にある孫太夫山古墳、収塚古墳などと同じく仁徳陵と特に関係のある古墳(陪家)と考えられています。

-
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ