知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

竹田城跡

竹田城跡(思い出の一枚)

竹田城は嘉吉年間(1441〜1443)に、守護大名の山名持豊が有力家臣の一人である太田垣に築かせた城である。その頃の竹田城は砦(小規模な要塞)に近かった。壮大な石積みの城郭になったのは廃城時(慶長5年ー1600)にごく近い時代と考えられている。

s-DSC_6573

竹田城の縄張りは、最高所の天守台をほぼ中央に置き、本丸以下、二の丸・三の丸・南二の丸が梯郭式に配され、大手口を防御する枡形部に沿う北千畳郭と搦手口のある南千畳を双翼とし、さらに、天守台の北西部には花屋敷と称する一郭がある。
また、城郭の周囲には現存の石垣より古い時代の遺構である竪堀も確認され、複合遺構として今後の総合的な調査・保存が必要となっている。規模は南北約400叩東西約100辰任△襦

s-DSC_6587

この石垣は建築技法からみて穴太積みを採用している。穴太積みとは、近江国(現滋賀県)坂本を中心に発達した石垣構築法の総称であるが、積み方から言えば野面積み石垣といえよう。野面積みとは、加工を施さない自然石をそのまま積んだもので隙間が多く一見して粗雑に見えるが水捌けが良く崩れを防ぐ。

「天空の城」登山道規制

近年、竹田城跡が脚光を浴び、未明から雲海を見ようと訪れる人が急増し常に混雑や違法駐車が目立つという。
そこで、兵庫県朝来市は登山道での車と歩行者の通行を禁止し、土日曜日と祝日の前日午後6時から翌日の午前8時まで実施する、かわりに麓からシャトルバスを運行するというもの。

--
週末は登山道や麓の城下町で渋滞や違法駐車が深刻化したため市は、当面、登山道の通行を禁止し、城跡そばの駐車場を閉鎖した。代替措置として竹田駅近くの停留所から、午前4時30分から同9時まで山腹の山城の郷まで無料でシャトルバスの運行を行うという。

私が竹田城跡を訪れたのが2011年6月19日だった。この頃は7時半頃だったが第1駐車場もガラガラだった。

-

-

無料シャトルバスの乗客と、タクシーと旅行会社、宿泊施設のバス利用者に限り、山城の郷から城跡までの徒歩による登山を認めるという。
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ