草臥(くたびれ)て宿かる比や藤の花     はせ越(芭蕉)

-

この句は松尾芭蕉が貞享五年(1688)四月十一日(旧暦)「笈の小文」の旅で八木町の宿に一泊した時のものである。