今日、給与明細が届いた。
何回目の明細書だろか。

若い頃は給料日の明くる日はお金を使うのが楽しみだった。
覚えているのは、
初めての給料の明くる日に饅頭の食い合いをしたことだった。
はじめに、きつねうどんを食べてから始めた。
いくつ食べたのか覚えてないし誰が勝ったのかも覚えてないが胃を悪くしたのは確かだ。

旅行にも行った。
学割を使って長野県に行った。
松本城に登ったのを記憶している。
お金は使うためにある。


給料日を意識しなくなって久しいが、お金があるのは安心につながる。
働けなくなってお金がなければ子供も寄りつかなくなるという話を聞いたことがあるが、育て方にもよるのだろう。

お金がすべてではないが、あっても邪魔にはならない。
便利な道具だ。