知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

野麦峠

野麦峠

一等水準点
この歩道の下に水準点が設置されている。水準点とは東京湾の平均海面を零として水準原点(東京都千代田区永田町一ノ一)を基準にして標高を定めたものである。精密度により一等二等などの等級がある。

-

三番叟台 壱之町上組
三番叟屋台の創建年代は不詳であるが、宝暦三年(1753)と推定され、台紋は折鶴(鶴)である。
明治37年古川大火事により消失し、現存するのは猩々緋大幕とあやつり人形のみとなり、屋台は「休台中」となっている。
猩々緋大幕は嘉永四年(1851)作、あやつり人形は女三番曳で、踊りは明治10年頃より能狂言「扇」を定能したと記録がある。

-

野麦峠(あ々野麦峠 山本茂実)
「二月も半ばをすぎると信州のキカヤへ行く娘たちが高山の町に集まってくる。もっと奥地の数河、稲越、天生、月ヶ瀬あたりの人たちは、深い雪の天生峠、神原峠、小島峠を越えて古川の八ッ三旅館に一泊し、ここから次の日高山の宿に集合した。」・・・・・

-

「はじめて糸ひきに出る子をシンコ(新工)といったが、これは小学校四年(当時の義務教育)を出たか出ない十一、二歳のまだいたいけな子供である。それでも先輩格の〈おねえさん〉方から教えられて髪を桃割れにし、赤い腰巻きにワラジをはいて、荷物も一人前に袈裟懸けにしょっている姿は、それはいじらしいものであった。」

-

私が野麦峠に立ったのは2007年10月14日午前8時過ぎでした。旧野麦街道やお助け小屋周辺をカメラに収め資料館(野麦峠の館)に立ち寄った。
館内に私一人だったからか館長の案内を受け、終わりに館長は「多くの人が野麦峠を越えたが身を売った人は一人もいなかった」と力強く語ったのを記憶している。

飛騨高山から古川へ

飛騨高山から古川を歩いてきました。
高山は4度目になるが古川は初めて、何時もどんな所か想像するが期待を裏切ることが多い。

 高山駅

-

 
 野麦峠

-

スーパーロードサービスで!

かつて飛騨地方の女工たちが往来した野麦峠に行きたいという衝動にかられ、2007年10月14日8時過ぎに峠に立った。

-

旧野麦街道をワサビ谷方面に下ると一面にクマザサが生い茂り薄暗い林が続いた。

-

野麦峠の帰り、「道の駅 ひだ朝日村」に立ち寄った。30分ほどで車に戻るとヘッドライトが点いたままだった。
大丈夫だろうと思ったがバッテリーは上がっていた。

道路の前に2軒のガソリンスタンドがあるが日曜日で閉まっている。途方に暮れ座り込んだ。
どれぐらいたっただろうか、ふと思いだした。出光カードに「スーパーロードサービス」があったことを、

カード会社の丁寧な案内に安堵した、高山から業者が来てくれ事なきを得た。
1993年に取得した出光ゴールドカード、3月に有効期限がきれることから昨日新しいカードが送られてきた。

野麦峠

 
 旧野麦街道

野麦街道

あゝ野麦峠

長年にわたって想い続けていた野麦峠に立った。
少し旧野麦街道を歩いてみたが想像を絶する急坂で当時は雪のなかを歩くのだから、それも30里は12歳の子供には大変な距離である。

資料館(野麦峠の館)で聞いたが、女工達が身を売った話が伝わっているが実際は一人もいないこと。
飛騨の娘達は高山に集まって3月から始まる糸引きに間に合うように2月に出発する、30里の道を5日で岡谷周辺に行った。
そして12月も押し詰まった頃、飛騨に帰るが行きも帰りも雪道だった。

「ミネビョウキスグヒキトレ」という工場からの電報を受取った政井辰次郎(ミネの兄)は5日の道のりを2日で歩いたという。
峠の茶屋に休んでそばがゆと甘酒を買ってやったが、ミネはそれには口をつけず、
「アー飛騨が見える、飛騨が見える」と言って息を引き取った。

山本茂実氏の「あゝ野麦峠」通り、旧野麦街道はあたり一面クマザサだった。
背の高いのは私より高かった。


長野県側を望む

野麦峠












旧野麦街道


野麦峠













午前2時に出て夕方6時半には帰った、760舛瞭残ではあったが疲れた感がなかったのは何故だろう。

女工哀歌

行ってみたいという気持ちが日々高まる所が岐阜と長野の県境にある〈野麦峠〉だ。

かつて飛騨の糸引きたちが赤い腰巻きに草鞋で信濃の岡谷や松本方面に向かった明治から大正にかけての交通の要所だった野麦峠である。

峠一面をおおうクマザサは10年に一度くらい根本から稲穂のようなものが出て実を結ぶ、飛騨の人々はこの実を粉にして団子を作って飢えをしのいだ年もあったという。この実を飛騨では〈野麦〉と言ったようだ。

またの名を〈野産み峠〉ともいう。
若い女工たちのなかには身ごもって帰る子も少なくはなく、険しい峠道を登り切った頃にはふらふらとクマザサのなかにうずくまり非情にも産み落したという。そして赤い腰巻きに包まれて笹の根本に葬られた。いつしか地蔵様が建ち人は〈野産み峠と〉呼ぶようになったとある。


女工哀歌は数多く−

− 籠の鳥より監獄よりも 製糸づとめはなおつらい −

− 年期証文一枚銭で 封じこまれてままならぬ −

− 女工殺すにゃ刃物は要らぬ 糸目テトロ(検査)でせめ殺す −

− 袂に小石を拾いこみ 死ぬる覚悟ときめたれど
   死ねば会社の恥となり
     帰れば親娘の恥となる 思えば涙が先に立つ −

− 諏訪でお女郎は三十五銭 私娼ころべば十五銭 機械女工は芋一つ −

− 旦那さまには帯もろた おかみさんには暇もろた −



子供の頃に見た映画で記憶に残っているのは、岡谷の工場で働く〈みね〉二〇歳が病気になって兄〈辰次郎〉が迎えに来る。重傷の〈みね〉を用意してきた背板に乗せて帰るのであるが野麦街道を幾夜も歩き続けて野麦峠の頂上に辿り着くと〈みね〉は「ア−飛騨が見える、飛騨が見える」と言って息を引き取ったのである。
これは実話であって明治四十二年十一月二十日午後二時のことであった。


暖かくなって雪が解けた頃に行ってみよう。

記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ