関ヶ原町歴史民俗資料館−史上最大のドラマを史蹟とともに見る

-

西暦1600年9月15日、日本列島のほぼ中央で東西交通の要に位置する関ヶ原において天下分け目の戦いが繰り広げられた。
天下の覇権をねらう東軍(約74000)徳川家康と、家康の野望を阻止せんとする西軍(約84000)石田三成の雌雄を決する関ヶ原の戦いは関ヶ原盆地において激突となった。

 笹尾山から

-

慶長5年9月15日午前8時頃、井伊、松平が先ず進出して宇喜多の隊に攻撃をした。かくて戦機を東軍右翼の諸隊は石田、小西の隊を攻撃、左翼の藤堂、京極の隊も大谷の隊と交戦し戦いはたけなわとなった。

 決戦地

-

家康は最初桃配にあったが、午前11時頃には陣場野に進出して全軍を指揮した。松尾山上の小早川秀秋はかねてから家康に反応の約があったので遂に反旗をひるがえして大谷の隊を突いた。

小早川らの反応で大谷の隊が潰滅すると形勢は逆転した。そして最後に島津惟新は東軍の中央を突破して伊勢街道への脱出に成功した。
その結果東軍が大勝し徳川家康は2世紀半にわたる泰平の世を実現することになった。

-



備考: 三成の決起と家康の陣固め
    
    6月18日 家康伏見城を発ち会津遠征に向かう
    7月11日 三成佐和山城で吉継に家康討伐を打ち明ける
    7月25日 家康小山で三成を討つため西上を決定する
    8月10日 三成大垣城に入る
    8月26日 東軍美濃赤坂に結集する
    9月 3日 大谷吉継山中村宮上に布陣する
    9月14日 美濃赤坂に入る
           島右近率いる西軍、杭瀬川の戦いで勝利する
           小早川秀秋、松尾山に布陣する
           三成大垣城を午後7時頃出陣する
           家康赤阪を午前0時頃出陣する

     戦後処理と動向

    9月17日 三成の居城佐和山城が落城する
    9月19日 家康草津に入る
    9月19日 小西行長、伊吹山中で捕らえられる
    9月21日 三成、古橋村(滋賀県木之本町)で捕らえられる
    9月23日 大垣城開城される
    9月23日 安国寺恵瓊、京都で捕らえられる
   10月 1日 三成、行長、恵瓊、京都六条河原で処刑される
慶長8年(1603)
    2月12日 家康征夷大将軍となり江戸幕府を開く