知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

陣屋

田原本陣屋跡

旗本交代寄合平野氏の陣屋跡、初代平野権平長泰は、豊臣秀吉の近習で加藤清正らとともに賎ヶ岳七本槍として勇名を馳せ、その功績を嘉賞されて文禄4年(1595)、田原本村他6ヶ村で5000石を知行した。

写真の田原本庁舎には藩士の住居があり、これより以南に陣屋が置かれていた。

-

長泰は文禄5年領内に寺内町を取立て、商業的都市を開き田原本発展の基礎を築いた。陣屋は中世土豪の館跡に、2代平野長勝が寛永12年(1635)、築造に着手し京・伏見の屋敷から移ってきた。
江戸時代、田原本は「大和の大坂」ともいわれ、中和地方の拠点的商都として栄え、田原本領の治世は初代長泰から明治4年の廃藩置県まで10代約280年間続いた。
この間、明治元年に10001石となり諸侯に列し田原本藩となった。

室津の陣屋

姫路の西南に位置する室津は古くからの瀬戸内航路にあっては天然の良港として知られていた。

室津の陣屋
播磨国は慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの後、三河吉田から移封した池田輝政の領地となり、その後、龍野・新宮・林田の諸藩が成立したが、室津だけは姫路藩の飛び地となって残され江戸の初めから明治にいたるまで姫路藩の支配であった。

-

江戸期、参勤交代の西国大名の殆どが室津を経由していた。明和4年(1767)の「薩摩藩覚書」によると、室津の本陣は肥前屋・肥後屋・紀井国屋・筑前屋・薩摩屋・一津屋の6軒であった。他に本陣が不足した場合、回漕問屋の嶋屋と海産物問屋の魚屋が一行の宿舎に充てられ西国の73藩が利用したという。

-
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ