知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

青蓮寺湖

香落渓へサイクリング

11月30日は晴天の予報であることから、奈良県宇陀市室生三本松にある道の駅「宇陀路室生」を出発して三重県名張市を流れる名張川を越えて右折れ、青蓮寺湖に向かう。

青蓮寺ダム

-

-

青蓮寺湖

-

名張川の支流・青蓮寺川に沿う香落渓は、関西の耶馬渓と呼ばれる渓谷で、柱状節理の岩肌が約8kmに渡って続いています。なかでも天狗柱岩・屏風岩などの眺めは素晴らしく、その雄大な光景は自然の造形美を楽しませてくれます。

見にくいですが青蓮寺湖の奥に見える橋が青蓮寺橋です。

-

天摩嶺

-

天狗柱岩

-

-

青蓮寺川の川面に映ったもみじが綺麗でした。

-

落合バス停
落合を越えれば奈良県曽爾村に入ります。

-

香落渓(かおちだに)と呼びますが発音は(こおちだに)と言っています。

-

落合から奈良県曽爾村を通り、奥香落温泉から峠越えとなります。急な上り坂が続き峠からは、急な下り阪が続き熱かった体は冷え手が痛くなり手袋をします。赤目温泉を横目に見て国道165号線を左折れして道の駅に向かいます。走行距離は57キロでした。

名香の湯(香落渓温泉)


眼下に青蓮寺湖が見渡せる名香の湯、

-


源泉の成分分析ではpH値が9.5とアルカリ度が極めて高く、皮膚の角質を柔らかくし、脂肪分を洗い流してしっとりとしたお肌になることが期待できるとある。

-


露天風呂からの展望

-
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ