知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

飛騨古川

撮影旅行

昨年度の撮影旅行で特に印象深く脳裏に浮かぶのは、

第3位は北海道、1月23日出発、
三ヶ月前にANAと札幌のホテルを予約した、それは札幌雪祭りが近づくと予約が取れないことも、また、飛行運賃が安い。後のホテル予約は前日に決めた。札幌から旭川間は座席指定が良い、他の路線は特急券のみで座れる。

 旭川駅

-


 紋別

-

 名寄

-


第2位は、飛騨高山と古川、9月15日出発、
飛騨高山は今回で5回目の訪問となるが古川は初めて、高山は観光客が多いが古川は静かだった。
2日で歩くこと高山5時間、古川3時間、

 高山城跡

-

 古川街並み

-


第1位は、高梁と倉敷、4月23日出発、
倉敷は2度目の訪問となる、高梁は駅から松山城登城口のある「ふいご峠」までタクシーの予約をしておいた。
この時期は松山城以外は観光客は少ない。

 高梁

-

-

 倉敷

-

飛騨古川ヤナ

古川ヤナ(8月上旬〜10月下旬)
お盆の頃に、飛騨古川の町を流れる清流・宮川にオープンするヤナ(魚簗)は、江戸時代から同じ場所にかけられているという。夏から秋にかけての飛騨の風物詩・アユの味を採れたて焼きたてで楽しむことができる。


-

本光寺本堂
明治37年の大火で消失後に再建された十四間四面総檜造りで飛騨で一番大きな木造建築です。
明治時代に女工たちが寄進した玉垣や飛騨の匠の技が映える山門も見ごたえのある建築です。

-

-

野麦峠

一等水準点
この歩道の下に水準点が設置されている。水準点とは東京湾の平均海面を零として水準原点(東京都千代田区永田町一ノ一)を基準にして標高を定めたものである。精密度により一等二等などの等級がある。

-

三番叟台 壱之町上組
三番叟屋台の創建年代は不詳であるが、宝暦三年(1753)と推定され、台紋は折鶴(鶴)である。
明治37年古川大火事により消失し、現存するのは猩々緋大幕とあやつり人形のみとなり、屋台は「休台中」となっている。
猩々緋大幕は嘉永四年(1851)作、あやつり人形は女三番曳で、踊りは明治10年頃より能狂言「扇」を定能したと記録がある。

-

野麦峠(あ々野麦峠 山本茂実)
「二月も半ばをすぎると信州のキカヤへ行く娘たちが高山の町に集まってくる。もっと奥地の数河、稲越、天生、月ヶ瀬あたりの人たちは、深い雪の天生峠、神原峠、小島峠を越えて古川の八ッ三旅館に一泊し、ここから次の日高山の宿に集合した。」・・・・・

-

「はじめて糸ひきに出る子をシンコ(新工)といったが、これは小学校四年(当時の義務教育)を出たか出ない十一、二歳のまだいたいけな子供である。それでも先輩格の〈おねえさん〉方から教えられて髪を桃割れにし、赤い腰巻きにワラジをはいて、荷物も一人前に袈裟懸けにしょっている姿は、それはいじらしいものであった。」

-

私が野麦峠に立ったのは2007年10月14日午前8時過ぎでした。旧野麦街道やお助け小屋周辺をカメラに収め資料館(野麦峠の館)に立ち寄った。
館内に私一人だったからか館長の案内を受け、終わりに館長は「多くの人が野麦峠を越えたが身を売った人は一人もいなかった」と力強く語ったのを記憶している。

狐の嫁入り

幻想的で幽玄な「きつね火まつり」は「狐の嫁入り」をモチーフに古川の町並みを花嫁行列が巡行するお祭りです。

-

 古川町荒城川に架かる今宮橋

-

   大野林火句碑
   「飛騨涼し 北指して川 流れをり」 

                  
-

瀬戸川と白壁土蔵

四百年余り昔、金森氏が飛騨古川を治めた時代に増島城の壕の水を利用し新田開発のために作られた瀬戸川は「瀬戸屋源兵衛」という人が世話人になって作ったので瀬戸川と名付けられたと云われる。

-

瀬戸川は住民の生活・防火用水として利用され、清らかな流れには、およそ千匹の鯉が優雅に泳いでいる。

-

-

昔の瀬戸川は、野菜なども洗える綺麗な用水だったが、高度成長のころ著しく汚れ、瀬戸川を再び美しくしたいという願いから、住民の寄付により鯉が放流された。
冬期は、鯉は越冬地に引っ越し春になると再び瀬戸川へ戻ります。

-

-

飛騨古川の町並み

飛騨古川の町屋の多くは、かつて奈良の都の建造物造営に活躍したと伝えられる「飛騨の匠」の技を今に受け継ぐ地元大工の伝統的工法によって建造されています。

-

周囲の不調和(そうば崩し)を嫌う住民自らの意志により、古川独特の建築意匠で棟梁のシンボルでもある軒下の彫刻装飾「雲」や出窓、出格子、、土塀などが施され、統一感があり懐かしさを思い起こさせる美しい町並み景観を形成している。

-

   杜氏酛摺り像 像製作 中垣克久

-

   選・書 司馬遼太郎

   杜氏殿の心澄みゆき魂きはる いのちの酛は生まれ初めけり

-

円光寺

山門(史跡)
この山門は、天正年間に豊臣秀吉の命により飛騨を平定した金森長近の女婿、可重の築城にかかる増島城が元和五年(1619)一国一城の幕命により廃城された際に、その城門を円光寺山門に移築された。

-

-

上町塔の腰塔心礎
この巨石は往時古川町上町字塔の腰所在、上町廃寺の五重塔の塔心礎である。この石は古川町上町字塔の腰に古くから残存していたことが「飛洲志」など諸書に記載されており、付近からは白鳳期や奈良期の丸瓦・平瓦が採集されている。
明治初年に塔の腰から円光寺境内に移され現在に至る。飛騨国内で残された塔心礎四基のうち、柱穴の最も大きいのがこの心礎である。

-

本堂は寛門七年(1667)に建立され室町時代の様式が名残をとどめている。

-

水呼びの亀
建築の際、本堂の妻に何を彫刻したら良いか棟梁らも思案にくれていたところ、旅の老人が「亀を彫っておけば火災からの難が逃れる」とひとこと言って立ち去った。

明治37年に古川大火(民家全焼877戸)があったが、本堂の妻に彫刻された水呼びの亀によって類焼からまぬがれたという。

-

飛騨古川

飛騨高山駅から飛騨古川へ、いつものことだが初めて訪ねる土地は胸躍る。

-

飛騨古川駅
戦国時代、豊臣秀吉の命を受けた金森長近が飛騨を統一し、二代目可重は1589年古川に飛騨唯一の平城「増島城」を築き城下町を作った。

-

飛騨古川駅前

-

若山牧水歌碑
   「ゆきくれて ひと夜を宿る ひたのくにの 古川の町に 時雨ふるなり」

-
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ