昭和12年建築の木造校舎としては日本最大級の現役小学校舎(国重要文化財)です。
これだけの小学校を当時の高野口町が建てたということは、この地域の繁栄ぶりがうかがえる。高野口町は高野山への参拝の起点として古くから栄えた町である。

-

校舎は1937年(昭和12)、高野口尋常高等小学校が現在地に移転した際に建てられた。同校卒業生で故・薮本芳一氏が設計した。

木造平屋、建築面積は約3500平方メートル、大正12年の関東大震災や昭和9年の第一室戸台風の災害を教訓に太い柱や筋交いなどを多用するという、当時最新の手法を使い頑丈な造りにしている。

-

国の文化審議会は、和歌山県橋本市高野口町の旧高野口尋常高等小学校校舎を国の重要文化財(建造物)に指定するよう答申した。昭和初期に建てられた木造校舎で現在の高野口小校舎、現役の小学校校舎の指定は全国で2例目になるという。

-

備考
学校創立は1875(明治8)年、当初は「村学」と呼ばれていたが1911(明治44)年に高野口尋常高等小学校、1947年(昭和22)年に高野口小学校と改称した。