知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

麟閣

思い出の一枚(麟閣)

茶室「麟閣(りんかく)」

今からおよそ四百年前、わが国茶道の大成者である千利休は、豊臣秀吉の怒りに触れ死を命じられました。この時、豊臣秀吉の怒りが千家一族へ及ぶのを恐れた会津領主 蒲生氏郷は利休の子、小庵を会津に匿い千家が再興できるように秀吉に願い出たのです。
その結果、秀吉の怒りが解け千家再興が許されました。この蒲生氏郷の恩義に報いるべく小庵が建てた茶室が「麟閣」と伝えられています。

s-DSC_9040

また、再興が許されたのち千小庵の孫により、武者小路千家、表千家、裏千家の三千家が興され現在の隆盛を見るに至りました。

茶室「麟閣」


-

およそ400年前、天正十九年我が国茶道の大成者である千利休は豊臣秀吉の怒りに触れ死を命じられた折、
秀吉の怒りが千家一族及ぶのを恐れた会津領主 蒲生氏郷は利休の子、小庵を会津に匿い千家が再興できるように願い出た。

−


その結果、秀吉の怒りが解け千家再興が許された。
この蒲生氏郷の恩義に報いるべく小庵が建てた茶室が「麟閣」と伝えられる。

-


千家再興が許されたのち、小庵は京都に帰って千家を再興し、宗左、宗室、宗守の三人の孫によって、表、裏、武者小路の三千家が興され茶道の基礎が築かれた。

記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ