「龍馬とお龍、愛の旅路」
薩長同盟を締結させた直後の慶応二年(1866)、寺田屋に宿泊していた坂本龍馬に伏見奉行所配下の捕り手に囲まれます。
この時、危機を察知したお龍により命を救われた龍馬は、しばらく伏見薩摩藩邸にかくまわれえいましたが、右手の傷を癒やすため寺田屋浜から三十石船に乗りお龍と共に、九州霧島へと旅立ちました。

-